Information

当社主催「イオン桜まつり」 事前記者会見を開催

左からEmporium & EmQuartierのSuthavadee DMD、三又所長、在タイ日本国大使館の小林広報文化部長、西岡CEO、AEON Thana Sinsap社のPraphan EVP、JTB(Thailand)の谷取締役社長、JALバンコク支店の城戸﨑副支店長

「週刊ワイズ」を発行する当社は19日、エムクオーティエ内の「クオーティエ・シネアート」で、4月26日(金)〜28日(日)に開催するイベント「イオン桜まつり」に向けて記者会見を開きました。

会見には日タイ約40社の報道機関が集結。タイ初となる「桜」をテーマとした同イベントについて、日本の「食」「文化」「旅」を取り上げ、日本人はもちろん、タイ人が楽しめる場を提供することを紹介しました。

ライディーン社を率いる西岡良樹CEOは「日本の象徴である桜をテーマにした、子どもからお年寄りまで楽しめるイベントです。ぜひ、ご家族でご来場ください」と挨拶。

また、JETROバンコク事務所の三又裕生所長は「タイの消費者がクオリティの高い日本のサービスや文化に触れる機会も増え、今や生活の一部になっています。今回のイベントが、日タイのさらなる相互理解とパートナーシップの強化に繫がることを祈念します」とお言葉を頂戴しました。